MESSAGE

祝辞

京都市市長門川 大作 様

インターネットやスマートフォンはもちろん,最近話題のIoTやAI,そして自動運転まで。これら全てを支えるIT(情報技術)は,情報化社会の進展に伴い,私たちの日常生活や産業活動にすっかり欠かせないものとなりました。
こうした時代の到来を半世紀以上も前から予見され,日本初のコンピュータ教育機関として設立された京都コンピュータ学院が創立55周年,そして高度情報化社会の中,こちらも日本初のIT専門職大学院として設立された京都情報大学院大学が創立15周年の節目を迎えられましたことを,心からお慶び申し上げます。

京都コンピュータ学院におかれましては,「時代を担う創造性豊かな情報処理技術者の育成」を理念に,これまで4万人を超える次代の担い手を世に送り出してこられました。豊富な専門知識と高い技術を身に着けた卒業生は,IT業界をはじめ,デザイン,マンガ・アニメ,ゲーム開発等様々な分野で活躍され,我が国産業・文化の発展に大きく貢献しておられます。また,貴学ではこれまで世界25ヵ国にパソコンの寄贈や現地でのIT教育を実施されるなど,世界規模でのIT教育環境の向上にも尽力してこられました。長谷川亘統括理事長をはじめとする皆様の溢れんばかりの熱意と行動力に,心から敬意を表します。
また,京都コンピュータ学院を母体に設立された京都情報大学院大学でも,この間,ITのスキルに加え,マネジメントスキルも併せ持った次世代のリーダーとなる若者を数多く輩出してこられました。今後も両校から創造性豊かな未来の担い手が世に羽ばたかれ,日本,さらには世界の情報化の推進,社会の発展を力強くリードされますよう念じています。
本市といたしましても,ITの積極的な活用による産業力の強化や,マンガ・アニメをはじめとするコンテンツ産業の振興により,これまで以上に便利で豊かな暮らしを京都から創造・発信してまいります。皆様方のお力添えをお願い申し上げます。
結びに,京都コンピュータ学院並びに京都情報大学院大学がこの度の節目を機に,ますますの発展を遂げられますことを祈念いたします。