学生作品発表会 KCG AWARDS 2017

2017年2月26日(日)12:30 開場 13:00 開始

2016

京都コンピュータ学院

最優秀賞

「Gimme」
情報科学科
前田 駿介

プログラマやシステムエンジニアを目指す学生をサポートするアプリケーション「Gimme」を開発しました。
利用者が自身のスキルや目標を入力すると,目標として書かれた文章を自然言語処理で解析し,おすすめのWebサイトや参考書籍を提示します。
Amazonアソシエイトプログラムの活用や,利用者と企業とのマッチングを行うことで収益化を図ります。

 

10回記念特別賞

「RACOCA」
情報工学科
足立 嵩,市田 篤司,佐竹 俊樹,野村 泰瑛
アート・デザイン学科
菅谷 美波

市販のコーヒーメーカを利用したコーヒー販売システムです。
専用のICカードに料金をチャージしておくと,ICカードをかざすだけで簡単にコーヒーが購入できます。
また,購入履歴や残額をWeb上で確認できます。
幅広い年代をターゲットに制作し,デザインしました。

 

優秀賞

「SAP販売伝票バッチインプット」
経営情報学科
中原 和真,塚野 香織

ERPの知識を基に,販売管理に利用するバッチインプットの開発を行いました。
これまでは,グループ企業内にERP導入企業と非導入企業が混在している場合,出荷情報が共有されない問題がありました。それを解決するため,ERP非導入企業の出荷情報を,ERP導入企業のシステムに自動登録するバッチインプットを開発しました。

 

優秀賞

「Depthlay」
コンピュータ工学科
中嶋 勇斗
情報工学科
荒巻 孝司,近藤 謙介
芸術情報学科
松岡 拓哉
アート・デザイン学科
北川 悟,池見 一輝

インターネットから取得した天気などの情報を手軽に確認できる置時計型デバイスです。
特殊な表示方法により,奥行き感のある映像を楽しむことができます。
デスクサイドやベッドサイドに置くことで,日常に“便利さ”と“彩り”を与えてくれます。
「Depthlay」で日々の暮らしを深めてみませんか?

 

優秀賞

「Workbench」
情報科学科
金川 祐太郎,松村 航志,田村 悠馬,
内藤 洋介

「Workbench」 はプロジェクトを円滑に進めるためのCIツールです。
専用サーバにインストールすることで,タスクの進捗管理,リモートビルド・テスト,成果物管理,Gitとの統合など多くの機能が利用できます。
・タスクの進捗管理:
リアルタイムにタスクの状況(未着手,作業中,レビュー,完了の4種類)を管理できます。
・リモートビルド:
個々の開発者の環境に左右されないように,専用サーバでビルドやテストが行えます。
http://workbench.orekyuu.net/

 

京都情報大学院大学

田植え直後の幼穂保護を目的とした遮光式の雑草抑制機CuRaGeの試作
応用情報技術研究科ウェブビジネス技術専攻
金山 知弘,藤野 崇志

水田の水を濁らせて雑草の発育を阻害する機械「CuRaGe」を試作しました。
この機械は,田植え直後から,稲の根が地面に張るまでの期間に使用します。
この期間は,稲が倒れやすく流されやすいため,人が水田内に立ち入って除草するのは困難です。
Bluetooth-UARTモジュールを使用することで長距離通信を可能にし,水田の外から遠隔で操作できるようにしました。

 

京都情報大学院大学

山下 伸男
数式表示に特化した動的ウェブサイトの構築
応用情報技術研究科ウェブビジネス技術専攻
山下 伸男

ウェブ上の数式は画像かPDFで表示することが一般的で数式そのものの再利用は難しい。本論では,印刷用の数式表示に広く使われているTeXの形式で入力してウェブ上で表示するようにしました。GUI入力もサポートします。数式検索機能もあるインタラクティブな操作が可能な動的ウェブサイトを構築し,数式用いたコミュニケーションが可能になりました。